So-net無料ブログ作成

目に青葉、山ほととぎす、初鰹

皆様、緑が映える良い季節になってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか?


「2013年のタンバリンちゃんは違うんだぜぇ~」と書いてから早4ヶ月、やっぱりご無沙汰になってしまいました。


ご無沙汰している間に、なんと長女ちゃんは小学校を卒業し、うるわしの女子中学生になってしまいました。

4月の間は、毎朝制服姿の長女ちゃんに「あん、可愛い♡」と萌えてましたが、ようやく、最近は慣れてきました。

部活は演劇部に所属して、早速夏のなんちゃら大会のために、毎日遅くまで練習しているようです。


次女ちゃんは4年生になり、なんだか担任の先生が好きじゃないらしく、毎日かったるそうに学校に行ってます。

4年生から始まるクラブ活動は「マンガ・イラスト」クラブに入りました。


私はと言えば、「音楽kan」というタイトルなのに、音楽の記事を全然書いてない割には、ちょこちょこライブに行ったりしています。


1月には、トライセラのライブにkanさんがゲストで出る、というので行ってきました。

ギリギリに決断したので、2階席の後ろの方でしたが、そんな私のために、kanさんは大きな羽をつけた黄色いサンバのお衣装で登場[ぴかぴか(新しい)]

後ろの方からでもとっても良く見えましたが、そのかわり、ドラムの吉田さんは、ほぼ、完璧に隠れていました・・・

そのライブには、山崎まさよしさん、吉井和哉さんに加えて、なんと小田和正さんがサプライズゲストで登場!

いやー、楽しかったです。詳しいことが知りたい方はこちら(kanさんの素敵なお衣装も見られます)


4/7は、京都北山コンサートホールでありました京響スプリングコンサートに
これまたkanさんがゲストで出られるということで、新幹線飛ばして見に行きました。

これもまた、素晴らしかったです。

kanさんのトークはいつもより控えめで、曲も4曲だけだったのですが、ご自身だけでなく、指揮者の広上先生にまで、「心のきれいな人にだけ生える天使の羽」をつけて登場され、笑いを誘っておられました。


まあ、失礼かもしれませんが、広上先生、天使の羽根似合いすぎ。森永のエンジェルちゃんかと思いました。

広上先生、あのkanさんが大きく見えるほど小柄なのですが、その指揮はとてもダイナミックで迫力のあるもので素晴らしく、大きく指揮棒を振るたびに、天使の羽がふわりふわりと揺れて、なんて言うか・・・ほんとに天使が踊ってるみたいに私には見えました。


で、やっぱりプロのオーケストラは違いますね。

何年か前に、昭和音大の学生さんとのジョイントコンサートも見に行きましたが、あれはあれで、初々しい緊張感があってよかったんですが。

やはりプロは違います。素晴らしかったです。

「愛は勝つ」でちょっと泣きそうになっちゃいました。

後半は、オーケストラだけによるベートーベンの「運命」

これも凄かったです。やっぱり、プロのオーケストラは凄いですね。どう凄いか、説明はできません(キッパリ)

くわしいことが知りたい方はこちら

あと、私ではないのですが、旦那が4月の後半に、辻井伸行さんのコンサートに行って、たいそう感激して帰ってきました。

「辻井君は素晴らしい!天才だ!」と何度も何度も言ってましたが、実は半分くらい寝てたんじゃないの?とこっそり疑っています。


そんなこんなで、新緑の五月、久しぶりに記事を書いてみました。

次に皆様にお会いできる日は、いつのことでしょうか・・・・

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。